パラベン・合成界面活性剤・合成ポリマーは入っている?

敏感肌の人などは、使う化粧品には細心の注意が必要ですよね。

 

その点、メディプラスゲルは非常に安心して使い続けられる化粧品ということができます。

 

化粧品によく用いられる防腐剤パラベン不使用

化粧品もある意味、生ものといえるので、菌の繁殖を防ぐ防腐剤が必要です。防腐剤としてよく使われるのがパラベンなのですが、実は肌にはとても負担がかかってしまい、皮膚トラブルの原因になることもあります。

 

そこで、メディプラスゲルは、パラベンの代わりに安心の成分、1,2-ヘキサンジオールという成分を使用していますよ。1,2-ヘキサンジオールは、敏感肌の人に人気の手作りコスメにもよく使用されている成分です。

 

合成界面活性剤フリー

また、合成界面活性剤を使っているかどうかも、敏感肌の人には気になるところですが、メディプラスゲルには含まれていません。合成界面活性剤は皮膚のバリア機能を破壊するので、肌を急速に乾燥させたりする非常にやっかいな成分です。

 

シャンプーにもよく使われているのですが、頭皮や顔の周囲の皮膚のことを考えたら、できれば避けたい成分といえますよね。そんな危険な成分がどうして化粧品によく使われているのかといえば、水と油を混ぜるためや、皮膚のバリア機能を破壊することで成分を浸透させるためなのだといいます。

 

なんと、メディプラスゲルは、かくはんするだけで水と油を混ぜているのだそうですよ。

 

合成ポリマーフリー

ポリマーというのは、本来、コラーゲンやたんぱく質など同じものがたくさん結合した高分子物質のことです。メディプラスゲルに含まれているのはポリマーの一種である、水溶性のカルボマーです。

 

プルっとしたゲル状にするための成分で、合成ではないのでこれも安心して大丈夫ですよ。

 

他の肌トラブル成分

その他、メディプラスゲルにはアルコールや合成乳化剤、香料、着色料、鉱物油なども含まれていません。

 

株式会社サティス製薬と共同開発した商品なので、使われる成分はどれも安心なものばかりというわけなんですね。