バイオイルとメディプラスゲル

メディプラスゲルといえば、66種類もの美容成分が含まれたオールインワンジェルとしてネットで人気を集めていますが、同じくネット上で話題になっているのがバイオイルです。

 

両者ともニキビ跡の改善に効果があるといわれるなど、共通する点がありますよね。

 

バイオイルの特徴

メディプラスゲル,バイオイル

 

バイオイルは、その名の通りオイルなわけですが、角質層の奥深くまで入り込み、ニキビ跡やキズ跡、ストレッチマークなどを修復するのに高い効果を発揮します。ストレッチマークとは、妊娠や急激な体重の増加などで肉割れを起こし、白いひび割れが残ってしまった状態です。バイオイルは、その高い保湿力から、こわばった部分を柔軟にし、きれいな状態に見せてくれます。

 

同様に、小じわなども目立たなくしてくれることから、女性の間で高評価を得ているわけです。さらに、抗菌効果もあるのでニキビができにくい状態へと導いてくれる上、マッサージしながら塗り込むとビキニラインなどの黒ずみ対策にも使えます。

 

顔に使う場合には、化粧水で肌を整えた後、1~2滴を手のひらに広げてからマッサージするように馴染ませます。少量で良いのでコスパは意外と良いと言えそうですね。ブースターのような効果もあるので、後に付ける美容液をより効果的に使用できます。

 

お風呂上がりには全身をマッサージしながら塗ればボディケアもできます。また、入浴剤やヘアオイルとしても使用できるなど、幅広く使えることも魅力ですよね。

 

メディプラスゲルの特徴

メディプラスゲル,バイオイル

 

一方のメディプラスゲルは、美容成分が豊富に含まれており、その中にはニキビ対策に有効な成分もたくさん配合されています。

 

グリチルリン酸2カリウムやグリチルリチン酸ジカリウムなどは炎症を鎮めてくれますし、アラントインはニキビ跡を効果的に修復してくれるでしょう。また、ビタミンC誘導体は皮脂の分泌量をコントロールしてくれます。

 

おすすめはメディプラスゲル

メディプラスゲル,バイオイル

 

バイオイルはボディケアもできるという幅の広さが魅力的ではありますが、顔に使う場合、化粧水や美容液は欠かせません。フェイスケアという観点からいえば、メディプラスゲルの方がおすすめといえるでしょう。

 

メディプラスゲルなら、これ1本でニキビやニキビ跡も効果的にケアしながらスキンケアが完了してしまいます。この手軽さはバイオイルでは味わえないものです。

 

使い方はシンプルなのに、66種類もの美容成分が浸透し、翌朝には湯上りのようなもっちり肌が手に入りますよ。